うつ病に効く磁気刺激療法とは

磁気刺激療法とは、磁気を発生させた円形のコイルをうつ病と関係の深い前頭前野と言う場所に外側からあて、1日10分間ぐらい約10~12日間、脳細胞に刺激を与え、活性化させる療法でしょう。昔からある電気ショックのような治療ですが、麻酔なども必要とせず、記憶障害などの副作用もなく電気ショック同等の効果が得られる治療と言えるでしょう。


磁気刺激療法は、抗鬱剤が効かない難治性のうつ病の治療に適しており、そのような人に有効な療法と言えるでしょう。現段階で研究期間と言うこともあり、保険の適用はされていませんが、現代のようなストレス社会において、うつ病患者は年々増えつつあり、治験も進められているので、うつ病治療に欠かせない方法として認められ保険適用も遠い日の事ではないでしょう。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ