うつ病に効果があるとされる磁気刺激療法について

磁気刺激療法は、磁石を利用して急激な磁界を生じさせることによって、体内に弱い電流を生じさせて脳内のニュートロンに働きかける療法です。これは、うつ病は脳内の思考が停止しているため、一時的に不快を生じさせてそれを原因として脳活動を引き起こす効果が期待できます。ある意味、ショック療法的な感じでもありますが、それは比較的に効果が高い方法として活用されています。


磁気刺激療法は、うつ病治療に効果があることは解っていますが、脳内に電流を流す必要性から、場合によっては人体の影響として、てんかん発作を伴う場合もあります。またその療法における副作用もあり、例えば脳内の神経や頭部近くの筋肉に直接働きかける不快感、傷み等があります。なお脳に与える影響や副作用等についても、現在は解明されている途中でもあり、磁気刺激療法は今後の研究成果としても期待されています。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ