うつ病の治療方法として不安の解消

うつ病のかたが常に持っているのは、漠然とした不安感です。自分自身に自信がなく、ここにいてもいいのか生きていてもいいのか生きていて迷惑ではないだろうか。そういった、周囲のことのみ考え自分自身をおざなりにしてしまいます。まずはうつ病のかたは自分がうつ病であるという自覚を持つ必要があります。そして、迷惑はかけるものだという自覚が必要であり心配もさせる必要があるということを知らなければなりません。


うつ病のかたは身近な人には身近すぎて不安を吐き出すことができないことが多いです。それは、言ってしまうことで不安を吐き出せるほどの大切な人物を失望させて失ってしまうのではないかという想像をしているからです。そこで出てくるのがメンタルヘルスケアなどを行ってくれる精神保健福祉士などの有資格者です。県や市によっては保険適用内で週に何回かの面談を受けることができます。知らない人になら話ができる。知らない人だから話せる。専門家だから話せる。そういった心理も働きますので不安解消のためにも専門家や医師に話をしてみてください。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ