うつ病の治療方法と回復期の注意

うつ病の治療方法は通院である場合は薬物療法と面談がほとんどです。薬物療法を行いつつ日常生活を不安なく過ごすということ自体がリハビリの一環ということと言えます。病院によっては様々ですがドクターのみしかいない病院ですと患者さまの量に対してドクターが全てに対応することが難しいために流れ作業的な面談となってしまうことが多くあります。


そこで、精神保健福祉士などが在籍している病院であれば一人ずつに担当の精神保健福祉士がおり微細な面談も行ってくれます。うつ病で危険なのが、一番症状の重い時期ではなく回復期ということです。それは、一番症状が重い状態では動くことも億劫で希死念虜はあるものの動くことができませんが回復期に入りますと症状は軽くなっている状態で時に大きな漠然とした希死念虜にとらわれ動く力があるために行動に移してしまうことがあるからです。回復期に入ったからといって安心してはなりません。回復期が一番気をつけなければならない時期であるという自覚を本人家族、周囲の人間すべてが持って接してください。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

¥

うつ病チェック

ページトップ