漢方薬

漢方薬


うつ病治療には、西洋薬が第一に選ばれます。しかし、うつ病に進行する前の気になる症状には漢方薬で対処する方法もあります。

西洋薬では改善しない症状や、抗うつ薬の副作用にも漢方薬は有効だと言われています。

うつ病の薬物治療には抗うつ薬が使われることが多いですが、自分の症状に合った抗うつ薬を見つけるまでが難しいとされています。
しばらく服用して、症状が改善しない場合、別の薬を試すことになりますが、度重なる薬の変更についていけず、治療に挫折し、引きこもってしまう人も少なくありません。
そんな人に有力な選択肢となると言われているのが、漢方薬です。特に「うつ病が軽度の場合」に漢方薬で対処できることがあるそうです。

漢方薬は、自然の木、草、根や果実、鉱物、動物などを加熱し乾燥させた「生薬」を組み合わせた薬です。
西洋薬が特定の病気の症状に作用するのに対して、複数の生薬を一緒に飲む漢方薬には、全身を多角的に整え、副作用を少なくする特徴があると言われています。
このため、「うつ病」と診断される前にしばしば起こる、疲労感、気分の落ち込み、不眠、不安、怒り、頭痛、肩こり、胃腸の不調といった症状には、心身を調整する漢方薬が良いという説があります。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

  • そのほか

うつ病チェック

ページトップ