再発について


うつ病は残念ながら再発しやすい病気です。
一度によくなることはなく、一進一退を繰り返しながら徐々に回復していきます。
治りきらないうちに症状がまた悪くなることを「再燃」といい、いったん回復したあとで、再び症状が出てくる場合を「再発」といいます。

うつ病はきちんと治療すれば治る病気ですが、再発しやすい病気であることも、十分に知っておく必要があります。
回復期で難しいのは、回復したかどうかの判断です。一般的には病気が治るというと、病気になる前と同じように、仕事もでき、生活も支障なく送ることができる状態をいいます。
うつ病の場合は、治療によって症状も徐々に改善されていきます。しかし、回復期では、また症状が悪化する可能性があります。
治ったかどうかは、患者自身が勝手に判断するようなことではありません。

自分では治ったと思い、薬をやめてしまう人もいますが、これは厳禁です。うつ病では「治った状態」になっても、再発を防ぐために、しばらくは服薬を続ける必要があるのです。
「すっかりよくなった」と思っていたら、躁状態になってしまい、結果として双極性障害(躁鬱病)だったというケースもあります。
このように、うつ病は治ったかどうかの判断は大変難しく、医師でさえ慎重に判断するくらいですから、くれぐれも患者自身だけの判断で薬や通院をやめてしまうようなことは絶対にしないようにしてください。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ