再発の予兆

寛解後の痛みは再発の予兆

うつ病が治ってくるとやがては薬を減量していきます。
減薬、断薬と呼ばれるもので、調子を見ながら薬の量を調節していくものです。

時間をかけて行うことで離脱症状を防ぎながらスムーズに社会生活を送ることが出来るようにし、やがては寛解状態になります。
この状態まで来るとうつ病の影響はほとんど感じなくなるはずです。

うつ病になったばかりの急性期には動くことも出来なかったという方が多いですが、寛解状態になると動くことはもちろんできますし、健康な方と変わらない1日を送ることも出来ます。

寛解には不完全寛解というものもあり、その場合は症状が少し残るものの日常生活において大きな問題はそれほどありません。
うつ病の間感じていた体の痛みも減薬期から寛解期にはほとんどなくなっているはずです。
そのまま日常生活に戻る方が多いですが、体の痛みが再び発生したときには注意が必要です。

体の痛みがうつ病のサインとなって出る場合もあるからです。
うつ病は再発しにくい病気というわけではありません。
環境の変化やストレス状態によって再発する可能性もあり、その発端が体の痛みとして出てくる可能性もあります。
以前うつ病にかかったことがあるというのであればうつ病時に体験したような体の痛みを寛解後に感じた時は精神科・診療内科などを訪れることをお勧めします。

再発した場合

どんなに気をつけていても、うつ病は再発しやすい病気です。しかし、仮に再発したとしても、驚いたり、あわてたりすることはありません。

ただし、再発した場合でも、早期発見は大切です。そういう意味では、すでにうつ病を一度経験しているわけですから、「いつもとちょっと違う」ということには気づきやすいはずです。再発の場合には、「ちょっと変だ」という自覚があったらすぐに主治医に相談することができます。主治医のほうでも、前に見ていた患者であれば、症状や治療の経過、有効な薬もわかっていますから、対応も迅速で治療もスムーズにすすめられえるため、再発しても軽く済んでしまうことがほとんどです。

病気が治ってしまえば、普通は患者は病院には行かなくなるものですが、うつ病の場合は、再発防止の薬を処方してもらう必要もあり、回復後も月に一度くらいは病院に行くようにして、なるべく主治医とは長いお付き合いを続けましょう。主治医とのつながりがあれば、「ちょっと変だな」と思った時に再発かどうかを的確に判断してもらえるからです。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ