回復期の治療

持続療法が必要な時期

うつ病の症状が少しずつ収まってきて急性期治療の必要がなくなったら次は持続療法を行います。
持続療法は今までの治療を少し長めに持続するというものです。
うつ病の回復過程における揺り戻しなどを防いでスムーズに社会復帰するためには急性期治療が終わったからと言ってすぐに治療を終わらせるわけにはいきません。

社会復帰をしていく中でいきなりストレスにさらされた場合に持続治療をしているとしていないでは大きな違いが出てきます。再発・再燃を防ぐための第一歩が持続療法にあるとも言えるでしょう。
症状が良くなって急性期治療から抜け出した後、持続療法を一般的には3-4か月行います。
薬の効果も出て本人も急性期に比べると元気に見えるのが特徴です。

ただし、まだうつ病がまったくよくなったというわけではなく骨折していた足をリハビリで少しずつ動かしている状態です。
持続療法以降も投与終了期までは周囲の人間も本人もうつ病の再発に対する注意が必要です。

維持療法が必要な時期


うつ病が最もつらい急性期治療、そしてその後の持続療法期を終えると患者本人の心は大分安定してきます。
急性期には動くことも出来なかった、布団から一歩も出られなかったという方も徐々に社会復帰が出来るようになってきます。
布団から出ること、起きて1日を過ごすこと、1歩家から出てみること、午前中だけ外出することといったように徐々に行動範囲を広げていきます。
急性期治療の期間は人それぞれで持続療法を行うまでに半年以上かかる場合もあります。

持続療法も3-6か月と広い範囲での治療を行うのでうつ病の効果安定期である維持療法期までの期間は最も短くても5か月、長ければ1年以上を擁すると考えられます。
維持療法期になると体の状態はほとんど回復しています。

持続療法期がギプスをつけた足をリハビリしている状態とするなら、維持療法期はギプスを外して実際にほかの人と同じように行動している状態です。いきなり大きなストレスをかけるとまだ危険な場合もありますが維持療法期で問題が起きなければ薬などを止めて一般生活に戻っていきます。

持続療法期と似ていますが維持療法期の場合は期間が1-2年と長いのが特徴です。
この時期も本人は元気ですので周りもうつが完治したと思いがちですがうつ病に対する理解は欠かせません。
患者本人もハードワークを控えさせ、少しずつ社会のストレスに慣らす必要があります。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ