患者自身の心構え

うつ病の治療を受けるにあたって、患者自身が気をつけることや心構えについてです。

もちろん病状が重い人は、いわゆる病識がないことが多いので、ここでは軽傷うつ病など、自分が病気であるという自覚がある人の心構えになります。

うつ病の治療の基本は「休養」と「薬」という説明を聞くと、勤めている人であれば、「せめて半日だけでも会社に行けないだろうか」などと、色々考えてしまうかもしれません。
うつ病は意志の力や気力で治すことはできません。

うつ病と診断されたならば、まず、じたばたせずに覚悟を決めることです。自分が病気であることをしっかりと認識したうえで、どっしりと構え、医師の言うことをきちんと守って治療に専念することが一番なのです。また、治療の過程では、「長く休んでしまっているハンディを早く取り戻さねば」と焦ったり、あれこれ考えてしまいがちですが、考え過ぎは治療の妨げです。

「うつ病になってしまったのは自分の心がけが悪かったからだ」というように、自分を責めるような考え方も禁物です。うつ病ではどうしてもそのような考え方になりがちですが、その場合、「うつ病は誰でもかかりうる病気だから、たまたま運が悪かっただけ」というくらいに気楽に考えるようにしましょう。
とにかく、「うつ病は適切な治療を受ければ必ず治る病気なのだ」ということを、何度も自分に言い聞かせましょう。こうして気持ちを楽にすることが治療にも良い結果につながります。

もちろん、治療にあたっては、医師の指示通りにすることが基本となります。
中には、薬を医師の指示通りに服用しないで、勝手にやめてしまったり、休養が必要なのに仕事を始めたりして、結局、症状を悪化させてしまう人がいますが、絶対にやってはいけません。

そして、家族にとって、また医師にとって最も注意しなければならないのが、自殺です。死を考えてしまうのがうつ病の症状の一つの特徴ですから、家族や医師、周りの人は、絶対に自殺をしないという約束を患者にしてもらい、同時になるべく一人にしないようにすることも必要です。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

¥

うつ病チェック

ページトップ