検査方法

光トポグラフィー

うつ病を診断する上での客観的な指標を提供する「光トポグラフィー検査」が注目されています。

都内や東京近郊で、この検査を実施している病院のホームページには「予約多数のため新規受け付けをいったん中止」「予約受付終了」の文字が並ぶほどの人気になっているようです。

NIRS(近赤外分光法)を使った「光トポグラフィー検査」は、頭蓋内に向けて近赤外光を照射し、その反射から脳の血流量、すなわち脳活動の変化を読み取ります。
脳活動の変化の波形は、うつ病、双極性障害、統合失調症の患者によって、それぞれ特徴的なパターンが存在することが解明され、うつ症状の鑑別診断補助としての利用が、2009年から先進医療で認められています。

検査を希望する患者は「治療が上手くいかず、診断に疑問を持った人や、診断に納得ができない人が多い」といいます。
患者が重大な病気の診断を受け入れない傾向があるのは、どの病気も同じですが、病気を客観的に示す指標が少ないという、精神科としての診断の課題もその背景にあります。
精神科の診断において、光トポグラフィー検査は、診断精度を高め、患者の理解を得やすくすることに役立つと期待されています。

しかし、今のところ対象は、うつ病、双極性障害、統合失調症の三つに限られ、うつ病患者を脳活動量の波形から鑑別できる率は6~7割程度にとどまります。
ただ、従来のやり方では難しかった、うつ病と双極性障害の鑑別は8割程度の確率で一致するとされています。
このため、双極性障害の波形が出たうつ病患者の過去の症状を見直し、気づかなかった「そう期」を思い出すきっかけにできれば、非常に有効と言えます。

その他の検査

初診ではこのような問診にかなりの時間をかけますが、このほかにも検査が行われることがあります。

具体的には血液検査などですが、これはうつ病に特有の検査というよりも、身体的な問題があるかどうかを調べるためのものです。
それは、身体的な問題が原因でうつ病になることがあるからです。
また、CT(コンピューター断層撮影法)などで東部の検査を行うことがあります。
認知症の初期にはうつ状態が出ることがあり、CT検査によってある程度は認知症であるかどうかの判別ができるためです。

うつ病が疑われるケースでは、ロールシャッハ・テストや性格テストなど、いわゆるメンタル検査はまず行われません。
これらの問診、検査、観察の結果を総合判断して、医師は診断をくだすことになります。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

¥

うつ病チェック

ページトップ