焦らずうつ病の治療を受けることについて

うつ病と診断された時、治療を行う上で大切なのは、結果を焦らないことです。うつ病は、波のように安定しない症状です。良い時もあれば悪い時もあり、それを繰り返してゆっくりと時間をかけてどんどん良くなり、やがて完治していくものです。うつ病の患者は、早くよくなりたい一心で、とかく治療に対しても頑張りすぎることがあります。本人も周囲も焦りを感じているケースが多いです。根が真面目な人間であるからこそ強い傾向でもあります。


しかし、そこで焦って無理をしては絶対にいけないのです。少し良くなったと感じたら一度深呼吸するように休んでみるといいでしょう。そしてまた治療に前向きに取り組む。この一呼吸いれることがとても大事です。一時的に悪くなっても、もう一度深呼吸して心を休めます。悪い時は長くは続きません。ゆっくり息を吐くように待っていればもう一度、心が前を向く時がくるのです。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

  • そのほか

うつ病チェック

ページトップ