磁気刺激療法でうつ病の治療を行おう

うつ病の治療には、抗うつ剤による治療が主に行われますが、薬による効果が得られず長期化してしまう場合があります。そのため、このような薬物療法で効果がなかった人を対象に、磁気刺激療法が最近では効果があるといわれています。この磁気刺激療法とは、左前頭部に磁気コイルを数秒間あるいは1秒間に数回、軽く当てる事で脳に刺激を与える方法です。


この磁気刺激療法は、電流が極めて弱く、特定の場所に狙いを定めて刺激を与える事ができるため、副作用がほとんど出ないのが特徴です。そして、うつ病の症状にまんべんなく効果があるとされているので、積極に用いる事ができる治療法です。薬物治療で症状が改善しない人は多いですが、このような治療法により症状が改善できるようになってきています。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

¥

うつ病チェック

ページトップ