磁気刺激療法で効かない場合

今話題でなかなか予約が取れないうつ病の磁気刺激療法ですが、その磁気刺激療法をもってしても効かない人がいることを知っている人は少なくないはずです。磁気刺激療法はアメリカではメジャーなものになりつつあるようですが、日本はまだまだ医療現場では使う病院が少なく磁気治療ですらさせてもらえないことが、現状のようです。


磁気刺激療法の他に、修復型電気痙攣療法という頭に電気を流すうつ治療が、国立精神・神経治療センターで行われています。このmECTという治療は、抗うつ剤をすべて試してみて、何も効き目がもうないという人がする療法で、頭に電気を流すため、健忘症の事例もありリスクを伴うと言われています。ですので、この治療法を試す場合は、すべての治療が効かなかった人のみの治療法のようです。若い人向けではないとのこと。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ