磁気刺激療法とうつ病治療

磁気刺激療法と磁気刺激療法を使ったうつ病治療の内容をご説明いたします。イメージがあまりよくもたれない電気ショック療法の代わりとなる磁気刺激療法ですが、うつ病が重度である患者さんには劇的な改善があることから使われています。うつ病患者さんの中には抗鬱剤が効かない難治性の方が約2割いらっしゃいます。杏林大学病院では、このような難治性の方の三分の二に効果があったとのデータが出ています。


次に磁気刺激療法での治療についてです。うつ病の気分の落ち込み、不安感、意欲低下など全般など的に効果があります。さらにこの療法は以下の点から安全な療法であるといわれております。・以前の電気ショック療法に必要なけいれんを防ぐための麻酔が不要・副作用の記憶障害など電気ショック療法にいろいろとあるものがほとんどない実際の治療法です 円形の時期を発生させたコイルを、脳のうつ病と関係の深い前頭前野という部分に外側から当て、一日10分ほど、約二週間行い脳細胞を活性化させます。※以下の人は禁忌にあたります・てんかんの方・妊娠中の方・心臓にペースメーカーを付けている方・脳に器質的な障害を持っている方


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ