磁気刺激療法のメリット

うつ病はストレス社会が生み出す現代病です。今日本で約百万人の患者がいるとされています。治療には、大きく分けて休養と薬物投与がありますが、それ以外にも精神療法や磁気刺激療法を組み合わせて行うこともあります。抗うつ薬には、脳内のセロトニンやノルアドレナリンの働きを良くする作用があります。これによって患者さんの抑うつ気分や不安、緊張などを取り除きます。


しかし、抗うつ薬によってあまり効果が得られなかったり、薬物を使用することが出来ない方もいます。その場合磁気刺激療法を行います。磁気刺激療法とは、患者さんの後頭部に電磁コイルで数秒間刺激を与える方法です。ほんの少しの電流を流すだけなので、患者さんは少しちくちくした痛みを感じるだけで、麻酔や手術を行わなくてすみます。また副作用も見られないので、体の弱い人やお年寄りの方にも安全だと言えます。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

¥

うつ病チェック

ページトップ