精神療法(心理療法)

うつ病と診断されると、「なんとかカウンセリングや精神療法だけで治せないだろうか」と思う人がいます。
たしかにうつ病の治療では、精神療法も欠かせません。しかし残念ながら、うつ病は抗うつ薬などによる薬物療法を行わずに、精神療法だけで治すことはできないと言われています。

精神療法というのは、医師など治療する人が言葉や人間関係によって患者の心に働きかけ、心の不調を改善していこうとする治療法です。心理療法と呼ばれることもありますが、この場合、一般的には治療する人は医師以外のカウンセラーやセラピストとなり、心理学を土台として治療することをいいます。精神療法は、神経症やうつ病など心の病気に対して行われますが、病気に応じていろいろな方法がとられます。

支持的精神療法

支持的精神療法とは最も基本的な精神療法といえるものです。
支持療法では、医師など治療者が患者の悩みや不安をよく聞き、それを理解して支持することが基本です。

医師は患者の訴えに対して、よいとか悪いとか、間違っているというようなことは言いません。
また、安易に励ますようなこともしません。支持することによって患者の気持ちを楽にさせ、精神的に自立できるようにして、回復させていくのです。

認知療法

次に認知療法についてですが、ものごとの考え方や受け止め方を「認知」と呼びます。うつ病の人にはその認知のゆがみがあるとされます。それを修正していこうというのが認知療法です。

たとえば、「マイナス思考」や、なんでも白黒をつけようとする「二分思考」、ひとつの例を世の中すべてに当てはめて考える「過度の一般化」などが認知のゆがみの例です。治療は患者と治療者とのいわば共同作業で行われます。

患者のものの見方が本当に正しいかどうかを検討し、もっと別なものの考え方ができないかどうかを話し合い、一緒に考えていきます。それによって治療者は、悲観的で非現実的な認知のゆがみを修正して、患者がより現実的なものの見方ができるように援助していくのです。一般的には認知療法は比較的軽いうつ病の人が対象とされています。

対人関係療法

認知のあり方と対象にする「認知療法」に対し、患者の人間関係を重視するのが「対人関係療法」です。

患者が現在抱えている対人関係に焦点を当て、治療者との話し合いを通じて、患者自身がその問題点に気づくことで解決していく方法です。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ