薬物療法とストレス解消

うつ病はストレス社会となっている現代、大変増えている病気です。原因はストレスがほとんどですが、ホルモンのアンバランス、老人性うつの場合もあります。うつ的症状が長い間続き、休息をとっても改善されない場合うつ病と診断されます。ストレスが原因となっている場合はまず原因となっているストレスを軽減し薬物療法、カウンセリングを受けたりして治していきます。

薬物療法でかなり楽になりますが、やはり元のストレスの原因をとらないと再発する可能性があります。ストレスの原因となっている環境を変えるのが一番良いと思いますが、なかなかそれができない場合は、薬を飲みながら、まわりの人に理解してもらい、なるべくストレスのかからない状態にしてもらうのが良いと思います。家族も、がんばってという言葉は本人の負担になるので使わないようにしたほうがよいと思います。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ