鍼・ツボ

鍼治療

うつ病の補助的な治療として鍼治療を用いるという場合もあります。

うつ病の補助的治療の代表と言えばサプリメントや漢方ですが最近では鍼治療に興味を持っているという方も多いようです。
鍼治療がうつ病に効果があるのはなぜかというと頚性神経筋というものが関係しています。頚椎、特に上部の頚椎の病変によってうつの症状が出ている方もうつ病の方の中にはいます。

頚椎に対する鍼治療を行うことによって心身のバランスを整えるというのがうつ病に対して鍼治療を行う際の基本的な目的です。
頚椎の問題を解決することでうつ病が治ったという方もいます。西洋医学とは方法論を含めても違いが大きく、どちらが体に合うかというのは個人によって違う部分はあります。

うつ病に対する鍼治療を行っている鍼灸医院の中では運動療法も取り入れているという場合があります。運動療法を取り入れることで頚椎のバランスだけではなく骨格全体を矯正してうつ病の症状を再発させないという目的のためです。

うつとツボの関係

うつ病の方は基本的に自律神経のバランスが乱れていると考えられます。
自律神経のバランスが乱れると交感神経と副交感神経を正しく切り替えることが出来なくなります。緊張しているときに働くのが交感神経、リラックスしているときに働くのが副交感神経です。交感神経にしても副交感神経にしても働く場所を間違えると日々の生活に影響を及ぼします。

例えば眠ろうとしているのに交感神経が働いているようでは気が落ち着かなくなって眠ることが出来ません。
うつ病に効くツボというものがありますが、その多くはこの自律神経を整えるためのツボです。
自律神経を整えることでうつ病特有の交感神経が長らく優位になった状態が改善される場合もあります。
科学的な解明はされていませんが、効果を感じるという方もいます。

うつ病に効果のあるツボの一つがかかとの中心にある失眠というツボです。副交感神経を働かせ、上手にリラックスできるようにしてくれます。
また、くるぶしのすぐ上にある三陰交というツボもうつ病に効くツボの一つです。
ツボを押すときにはゆっくりと力をかけていくようにして押してください。ツボにぴったりとはまっているとズーンと響くような感じを受けるという場合が多いです。
慣れてくるまでは正しいツボの位置を図などで確認しながら行ってみるというのもお勧めです。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ