難治性うつ病の治療方法として注目されている磁気刺激療法

うつ病の治療は抗うつ剤などのお薬よる治療が中心ですが、患者さんの中にはお薬が使用できなかったり、効果があまり見られず長期化してしまう方もいらっしゃいます。そんな方には、磁気刺激療法という治療方法が有効な場合があります。磁気刺激療法とは患者さんの前頭前野という部分に外側から磁気コイルを軽く当て、脳に刺激を与える治療方法です。

磁気刺激療法はイライラ、抑うつ感、不安感、気力低下など、うつ病による様々な症状に対して効果があるとされており、従来このような難治性の患者さんに用いられてきた電気ショック療法とは違い、記憶障害・一時的な頭痛・けいれんなどの副作用の心配が少なく、それでいて同じくらい治療効果がある安全な治療方法だといわれています。まだこの治療方法を受けれる医療機関は日本では少ないですが、今後のうつ病治療に大きく貢献することが期待されています。


同じカテゴリの記事一覧

関連する記事

うつ病チェック

ページトップ